受入れ体制

厳守事項と協力要請事項

事故防止の為の厳守事項と円滑な運営を行うための協力要請事項を下記のとおりに定め告知します。
・体制実施前の現場実踏による危険場所・個所の把握と関係者間の情報管理を徹底します。
・雨天でも雨具を着用し、プログラムは実施する事が原則です。
・天候不良のため変更プログラムになる場合があります。
・無理のない旅行および体験行程と管理、アドバイスをします。
・参加者の体験中における体調確認を徹底します。
・参加予定者への事前学習資料や装備に関する情報の連絡と情報配信します。
・疾病などの申告および、プログラムにより必要と定めた適正検査に関する項目の問診をします。
・プログラムにより準備運動やストレッチ体操などを実施します。
・周囲の環境に伴う危険場所、区域への立ち入り禁止等についての注意をします。
・レスキューや危険回避などの安全対策をインストラクター研修にて徹底しています。
・参加者の年齢や能力を考慮した人数での受け入れをしています。
・専門的表現を避けたわかりやすい指導をしています。
・味覚体験・民泊などの宿泊と食事を伴う体験には、食事アレルギーや持病等を事前調査のうえ必要な情報の事前連絡をお願いします。
・民泊の場合はお客扱いではなく、家族の一員として迎えるように指導しています。食事も、布団の上げ下げもいっしょにしていただきます。
・民泊は衛生管理と火災予防怠りなきよう徹底していきます。

体験プログラム実地可否の判断

天候や気象などの影響により実施場所の変更や中止の判断が必要となったときは、当日の朝または前日に主催者ならびに専門家らと協議し、その結果を参加団体の責任者ならびに旅程管理者(旅行会社担当者・添乗者)に報告する。またそのための代替え策も事前に相談し、その対応にあたる。

事故発生時の緊急体制

緊急事故対策フローチャートを作成し、関係者に配布、連絡網確認とシミュレーションの実施を徹底(警察・消防署・緊急病院の住所・連絡先など)

器具・装備について

手袋、林業体験のヘルメットなど、安全確保のための装備(ヘルメットほか)の着備を義務づけています。
体験プログラムにはよっては参加者にご用意していただく用具・用品もあります。

 

 

ページトップへ戻る