日本一長い二級河川「日高川」

 

日高川町の名前の由来にもなっている日高川。護摩壇山に源流を発し、田辺市龍神村を経て日高川町の中心を流れていきます。山あいを大きく蛇行しながら流れているため、実は日本一長い二級河川(都道府県が管理する河川)なんです。アユ・アマゴ釣りの名所としても知られ、シーズンには多くの釣り人が遠方からも訪れます。また、町内上流部にある椿山ダムは県下最大の貯水量を誇り、2015年の和歌山国体カヌー競技でも使用された本格的な漕艇場を有しています。