空き家を探してみる

田舎暮らしといえば、空き家・古民家!というイメージをお持ちの方も多いはず。
でも、実際に住んでみたら、思っていたより大変・・・なんてこともよくあります。
空き家の状態や契約内容などを事前によく理解し、無理なく暮らせる物件を探しましょう。

空き家の特徴①
【家主は個人の方です。】

空き家の契約相手は、不動産業者や行政ではなく、個人の方です。空き家の多くは家主やその親族が長年暮らしてきたお宅ですので、敬意を持って大切に使いましょう。また、暮らしていくなかで様々な相談事も出てきますので、家主との信頼関係は大変重要です。

空き家の特徴②
【修繕・改修が必要な場合がほとんどです。】

日高川町では、空き家契約の際「現状貸し・敷金礼金不要・修繕は入居者が行う」という形をとることがほとんどです。つまり、入居者がお金を負担して、自分が住みやすいように改修してね、ということです。そのままで即入居できるような状態の空き家は滅多にありませんので、ある程度の初期投資は想定しておきましょう。

空き家の特徴③
【家賃のほかに維持費がかかります。】

最初に改修して住み始めても、古い家であれば、住んでいるうちに様々な不具合が出てくる場合もあります。そういった場合の修繕も、原則入居者が行うことになります。家賃が安くても、多少の維持費がかかるということを念頭に置いて空き家を選びましょう。

空き家の特徴④
【家賃は家主が設定します。】

空き家の家賃については、特に決まった基準などはなく、家主が自由に決める形になっています。物件によっては、家賃の交渉に応じてくれる場合もありますので、都度ご相談ください。また、駐車場を別の敷地で借りる場合など、元々の設定金額から変動することもありますのでご了承ください。

空き家の特徴⑤
【物件情報は「わかやま空き家バンク」で。】

日高川町の空き家情報は、和歌山県が運営するウェブサイト「わかやま空き家バンク」に公開しています。物件の外観・内観の写真や家賃等の基本的な条件、地区名をチェックすることができますので、気になる物件がありましたら、移住相談窓口へお電話にてお問合せください。